やってみようアドセンス
── 好きなことして高収益への第一歩

ネットビジネスでマネタイズ、最初の一歩はこれ。 第一歩でありながら、これだけで、独力で、パソコン1台だけで、月100万円以上の成果をあげることも可能という凄まじいしくみ byグーグル。 ブログでお金が稼げるという意味が初めてわかる。アフィリエイトが初めてわかる。


わたし、いままで欲がなさすぎたのかしら。 けっこうPV数の大きいブログ書いてきたのに、それを収入に換えるなんて、すごくむずかしいことって思いこんでたわ。 ほんとうにこんなにカンタンなんだったら、やらない理由がないわよね。

そうですよ。 世の中、カンタンだカンタンだといって、やってみたら案外むずかしいことって多いですけど、 アドセンスはほんとうにカンタンですからね。 マネタイズ最初の一歩をこれで踏み出せたら、あとは拡大再生産のイメージしかありませんね。

このページの内容を動画でも解説しています


アドセンスを始める前に

大好きなことをして収益をあげるのが、
理想のお金儲けだっていうのは疑う余地がないですね。
満員電車に揺られてクタクタになりながら会社に通う必要もなく、
ブログ書くだけでメシが食えるなら、
ゼッタイそっちのほうがいい!
朝から晩までパソコンにかじりついたってかまわない!
っていう方、
そんな生活スタイルへの第一歩がグーグル「アドセンス」です。
しくみは簡単。
あなたのサイトのあなたのページが、
開かれる回数にほぼ比例して収入が増える。
見られれば見られるほど儲かる。
平たくいえば、
注目を集めて読まれるようなコンテンツを書くことさえできれば、
もうそれ以上のことはしなくていい。
開かれれば開かれるほど、
その回数に比例してクリックされる回数が増えるようにできているので、
したがって収入が増える。
決められたバナー広告のコードを決められたように、
自分のサイト内のページに埋め込むだけで、
あとはほぼ全自動で勝手に収益が上がっていく。
しくみは超カンタンで方法論もカンタンなアドセンスですが、
誰でもかれでもすぐ始められるかというと、
そういうわけではありません。
最初に1回だけ審査があるからです。
いまみなさんは、ここまでのステップで、
独自ドメインを取得して、レンタルサーバを借りて、
ワードプレスを使って、あらかじめ設計したストーリー構成にしたがって、
ひたすらライティング、ライティング、ライティング‥‥で、
少なくとも30記事、できれば50記事以上、
理想的には100記事以上のサイトをすでに構築していることが想定されています。
なおかつ、
アナリティクスの設定もできて、
日々のPV数などがわかって、
少しずつ読者が増えはじめているという状況です。
まだ30記事も書けておらず、
サイトとしての体裁がととのっていないという方、
もうちょいがんばってそこまでやってからアドセンスにトライしましょう。
というのも、
やり始めてしまえばウソみたいに簡単で驚くほどのアドセンスですが、
最初の審査はまあまあ厳しいらしいからです。
(わたしはラッキーなことに1回でパスしたので、
リアルな苦労は知らないのですが、
なかなかパスしない方の話によるとです。)

グーグルとしても、
いかがわしいサイト運営者のいかがわしいサイトに広告を出されたくないわけですから、
アドセンスの審査をパスするまでは、
あまり過激に尖らず無難にまとめたほうがいいかもしれません。
審査に落ちても、
何回でも申請しなおせますからご安心ください。
ほんとうだわ。わたしの日記なんて、つまらなさすぎてゼッタイ承認されないって思ってたけど、 なんだかあっけなく承認されちゃったわね。無難なところがよかったのかしら。

1000万円超×20年のすすめ

クリック報酬型と物販型

アドセンスは、
アフィリエイトの分類上、
「クリック報酬型」と呼ばれます。
これに対して「物販(型)」のアフィリエイトがあるわけですが、
大きなちがいは読んで字の如く、
前者は商品が売れなくても広告がクリックされただけで報酬が発生、
後者は商品が売れなければ報酬が発生しません。
商品が売れない(=広告主にはお金が入らない)のに、
広告を掲載したわたしたちに報酬が入るっていうのはちょっと変な感じなんですが、
「広く告げる」と書いて広告。
広告の役割は商品の存在を知らしめて注意を集めるところまでですので、
そこから先、
実際に売れるかどうかはまた別のエキスパートの担当です。
物販アフィリエイトの場合は、
実際に広告主にお金が入って利益が出るわけですから、
報酬の率や額がクリック報酬型とは比べものにならないくらい大きいのですが、
消費者がその商品を購入するかどうかの最終意思決定までは、
アフィリエイターがコントロールすることができません。
LP(ランディングページ)に消費者を誘導するところまでがミッションですから、
広告の商品・サービスについて、
用法や効果を熟知し、
ユーザー目線で真に役立つ情報提供を心がけなければなりません。
とにかく閲覧数が上がればいいというクリック報酬型とは心の姿勢も、
ページ作成の難易度も大きく異なります。
なのでノーマルな順路としては、
まずはクリック報酬型からスタートして、
そこで月3万でも5万でも稼げるようになってきたら、
物販アフィリエイトを開始するという方が多いようです。
アドセンスなら、
とりあえず自由なテーマで好きなことを好きなように書けるわけですから、
初心者にとってはダントツにとっつきやすいといえるでしょう。
だからこのサイトでも、
ネットビジネスはアドセンスから始めることを強くオススメします。
アドセンスのしくみだけで、
まずは第1ハードルの月5000円を超える。
それができたら、
その2倍のエネルギーを投下して月1万円を突破していく。
たかが1万、されど1万。
そこに到達したころには、
いままで見えていなかったいろんな景色が、
あなたの眼前に広がっていることでしょう。
よし決めた。 やっぱりカンタンなほうから始めるのが自分に合ってそうだな。 PV数に比例するっていうのが超わかりやすくていいや。

だからトレンドブログなんだ

すでに自分の専門分野、得意分野が明確にある方は、
いわゆる「特化型ブログ」で勝負したらいいです。
幅が狭くても奥行きが深ければ、
アドセンスのクリック単価も上がりますし、
物販に広げても競争力のある広告が展開できるでしょう。
そうでない方、
つまり特に何か突出した強みが見当たらない方、
テーマを絞るのに時間がかかりそうな方は、
トレンドブログというもので腕試しするのがいいでしょう。
とにかくPVを稼げればいいんだという前提で、
ワイドショーのように、
世間を賑わしている芸能ネタや政治ネタ、
ジャンルはともかくよりスキャンダラスで過激なトピックを追いかけて、
それを記事にすることでサイトの注目度を高めていきます。
これをやると、
気分が一時的に芸能レポーターみたいになります。
ネットや週刊誌や新聞やテレビから、
集めてきた情報を再加工して再構成するだけですから、
たいしてオリジナリティが求められているわけでもないし、
基本、スピード優先のチカラ技ですから、
難易度はぜんぜん高くないんです。
有名人のゴシップ記事をコツコツまとめるだけでも、
PV数はガンガン稼げます。
底は浅くてもアクセスが集まりさえすればそれでいいってことで、
ぜんぜんアタマは使わないかもしれませんが、
そのぶんこの期間、
SEO対策についてじっくり学んでください。
日々刻々、
生々しくグーグルとの駆け引きが楽しめるのがトレンドの醍醐味。
この学びがあとで効いてきますんでね。
トレンドブログを長く続けることは、
体力的にもキツいものがありますし、
ちょっとサボっているあいだにたちまち記事が陳腐化してしまうので、
サイトの資産価値がなかなか維持できません。
少し試して要領がわかったら、
特定の商品、サービスに絞り込んだ専門的なページづくりにシフトするといいですね。
わたしは芸能ネタとか大好きだから、いつまででもやってられそうだわね。 特にドラマは強いんだから。番組改編期に照準を合わせてバンバン書いちゃうわよ。 それにスポーツだってね、ふつうの女子より圧倒的に詳しいのよ。

1000万円超×20年のすすめ