突破口仮説──あんたが伸び悩んでおるのは要するに、爆破力が足りんからじゃ!

不発な人生爆破ガイド
逆算塾オンライン

プライベートで好きなことをするのはあたりまえ。 じゃ、ビジネスはどうでしょう。あなたは、あなた「らしさ」に妥協せず、らしくデカく稼いでいるといえるでしょうか。 年収にも妥協せず、1000万円超×20年からの逆算で人生設計してみませんか。


ショウゾウさんがこれからチャレンジする新しいプロジェクト、
逆算塾オンラインに関わってみませんか?
(いま、このメッセージを読んでいるのは、
ショウゾウさんが直接お願いした方だけのはずなんですが、
たまたま開けてしまった方、スルーしてください。)

計画としては、
逆算塾が2周年を迎える2020年7月4日から、
有料サービスとしての逆算塾オンラインをスタートしたいです。
「大爆破ガイド」がベースの「うず式」カリキュラムに沿って、
Zoomを使ったグループ講座や個人セッションを行うことがメイン商材です。
そのとき万全のコンテンツを提供できるように、
準備期間のあいだ、
モニターメンバーとして逆算塾のサービス構築を応援してほしいんです。
たとえば、
  •  コンテンツ制作外注先として
  •  販路拡大パートナーとして
  • お試し受講生として
  •  コラボ企画パートナーとして
  •  アシスタントとして
  • ご意見番として
  • ビジネスモデルを学びたい見学者として
  • ツールを共有したい同志として
‥‥等々(は報酬お支払い対象)です。
ショウゾウさんのビジネス構築に手を貸すことが、
あなた自身の成功にもきっと良い影響をもたらすと思っていただければ。
具体的に「何かをやらなければならない」ってワケではありません。
ひとまずフェイスブックメッセンジャーのグループに加えさせてもらいますので、
そこでショウゾウさんが投げているメッセージを眺めながら、
何ができそうで何ができなさそうか、何かしたくなるか、ならないか、
想いをめぐらせてもらいたい。
なんやかんや発言したくなったらしてもらっていいし、
いっしょに儲けられそうなアイデアが浮かんだら前のめりに、
自分には必要ないと思ったらスルーでオッケー。
現在アクティブなメッセンジャーのグループは、
2019年12月22日につくりましたが、
コンテンツは散漫だったし、ビジネスモデルの構想もまとまってなかったので、
なんのためにグループに入れられたのかわからない人が大半で‥‥
のろますぎてほんとうに申し訳ない。

今後は「大爆破ガイド」がメインです。
誰かよくわからない、会ったこともない人もグループにはいますけど、
退屈な人は入れてませんから、
そこはプラス思考で積極的につながっていただいて、
人脈拡大に役立ててもらえたら。
モニターですから当然、
期間中なんのサービスを利用してもらっても代金は一切いただきません
パートナーとして協力していただけるなら相応の報酬をお支払いします。
何をお手伝いしていただくにしてもwin-winの関係性が大前提ですから、
ビジネスライクに損得勘定で動いてもらってぜんぜんオッケー。
ロマンとソロバンのバランス重視で意思決定よろしくお願いしまーす。

神戸ローカル「逆算塾」について



あなたの行き詰まりを打開するために
バクダンファミリー参上だ

「らしさ」で妥協しないビジネスモデルで収益を得る

がんばってるのに、
カベにぶつかって行き詰まってどうしていいかわからない‥‥
現状打破が課題のあなたに突破口をプレゼントしたくて、
強烈すぎる劇薬ワークブックを用意しました。

ページ数こってりボリューミーなので、
スマホで開くのはオススメできませんから、
パソコンで画像クリックしてダウンロードしてください。
あなたの成長ステップを、
ビジネスのあらゆる段階で全方位的にサポートしようっていう貪欲コンテンツ‥‥
っていうのがハッタリじゃないことは見たらわかりますね?
バクダンぶちかます‥‥って穏やかじゃないですけど、
やさしげな能書きばっかり並べてたんじゃラチがあかないことないですか?
思いこみって最強にガンコなので、
あなたもたまには荒治療が必要なのでわ゛゛?
パカーッとw
ショウゾウさんみたいなやり方、
日本じゅうどこ探しても見当たりませんよ。
ワークシート埋めて添削してもらうだけでカベ突破できる。
大爆破ガイドからワークシート部分だけを抜き取って、
「コンセプト整理ツール集」として印刷しやすくまとめたものもあります。

さ、早く、うずうず実践しましょ!

こんなあなたにバクダンぶちこみ~w

ピン(=独り)の資源で事業をまわすビジネススタイルで、
専門性の高いスキルや知識があるのに、
それを伝えきれず集客に結びつけられない‥‥
たとえば
  • コンサルタント業
  • 士業(社会保険労務士,司法書士,税理士‥‥)
  • カウンセラー,セラピスト,コーチ
  • コーディネータ業,講師業
  • 整体師,トレーナー,鍼灸師
  • デザイナー,ライター,フォトグラファー
  • ブロガー,アフィリエイター
  • 店舗オーナー
‥‥等々、
と書くと対象が広すぎますか?
いえいえ、
そんなことはないです。
集客できてない人には共通の特徴があり、
弱点、盲点はみなさん同じなので。
スタッフを何人か雇っていたって、
稼ぎのコアとなる強みの源泉があなた個人に依存してるなら、
本質はやっぱり個人戦。
「不発な人生爆破ガイド」を使うと、
いま自分に欠けているアイテムがわかります。
リソース配分のまちがいに気づける。
すごくがんばってるんですが、
それが部分的ながんばりになってしまっていて、
トータルに事業全体がまわっていないからしんどい。
カベにもいろいろあります。
大爆破ガイドうず式カリキュラムで学ぶと、
自分がどこで行き詰まっているかが最短でわかる。
事業全体のサーキュレーション(循環)が見えるから。
たとえば、
やっと集客がうまくいったとしてもお金が残らないっていう現象、
これ、ほんとうにもったいない話なんですけど、
現実にはよくあります。
部分的にがんばっても消耗するだけってことにハッと気づけるんですね。

「団体戦」編に乞うご期待!

「不発な人生爆破ガイド」は、
見ていただいたらおわかりのとおり、
対象が「個人戦」です。
従業員を抱えて組織でがんばってる中小企業経営者さんのニーズには合いません。
しかしショウゾウさんは、
中小企業経営のサポートひと筋に20年以上実績を積んできたベテラン。
もちろん団体戦に特化した使える別冊ワークブックもつくる。
それが、
「不発な会社爆破ガイド」だよw
会社にバクダンぶちかましてどーすんねんって感じですがーw
2020年5月リリース予定!

カリスマでもスーパースターでも
なんにでもなれると思わんのかい?

全員メンター!

いますぐダウンロードじゃ!


ショウゾウさんは人間のくせに、
大まじめに神になろうとたくらんでいる。
イカレポンチと笑われてもいい。
宇宙創造の全体を掌握し、
銀河の奏でるリズムとシンクロした存在でありたいのだ
‥‥なんてウケるよねw
あなたにも勧める「メンター業」っていうのは要するに、
いまよりも何段階も上の高さに自分のステージをググーッと引き上げて、
後進を導くポジションに身を置くことなんです。
むずかしい話じゃないですよ。
パチンコのプロのことを略してパチプロっていうけど、
ギャンブルだってなんだって、
その界隈でイチバンになったらピカピカなメンター。
だからみんな恥ずかしがらずに観音菩薩を目指せよって話。
菩薩さまが似合わないなら、
スーパースターだ、キングだ、カリスマだ、
一流のプロフェッショナルだ、第一人者だ、
師匠だ、権威だ、おらが村のヒーローだ。
専門性にとことんこだわってレベルを上げよう。
これ以上にウキウキできる自己実現、
ウズウズする自己超越の道が他にあるかな?
自分をとことん高めることでまわりにプラスの影響を与える存在になる。
>いやいやわたしなんてまだまだ‥‥
とか、
へりくだって尻込みすることになんの意味があるの?
ド変態かと疑われるほどトンガったほうがよくないですか?
かわいいだけのお飾りさんみたいに取るに足らないというか、
ありきたりというか、毒にも薬にもならない存在よりも‥‥
シンプルにアホって思われたほうがマシなのでわ゛?
だから逆算塾では謙遜禁止が鉄の掟とされているのだ。
自分に励まされてくれる人がひとりでも目の前にいるなら、
たちまちショウゾウさんは救世主に早変わりして全力でレスキュー活動したい。
誰かを導きたい気持ちになったあなたも観音菩薩です。

はじめての逆算塾オンライン

「逆算塾」の始まりは2018年7月4日。
天才アカデミー@79番地シリーズ3回めの勉強会として、
きくぞう3.0の名前でスタート。
ショウゾウさん55歳。
やりながら途中でいろんなことを思いついて、
試行錯誤しながら出したり引っこめたりしてるので、
いつから何を目的にやってるか、
わかりにくい感は否めませんけど。
「らしさ」で妥協しない個人のライフスタイルがテーマだ。
これをオンラインにするのは、
ネットの威力を知っているからですね。
同じ想い、同じ労力でも、
DRMと呼ばれるビジネスモデルでオンライン展開すれば、
レバレッジがはたらいて収益が何倍にも伸びる。
わかりきってるんだから自分でも実践して大きく稼ぎたいし、
逆算塾コミュニティでも伝えて成功者を増やしたい。
それにはネットじゃなきゃ。
逆算塾オンラインの位置づけは、
人生後半の新しいライフスタイルを提案する「セカンドハーフ企画」の入り口です。
あながたどんなビジネスをやっていようと、
いっぱしの実績が残せたら、
次のステージではメンターというあり方を目指してほしい。
わたしもあなたも例外なしに「人生後半全員メンター!」です。