実録『素うどん屋』- 複業の鉄則、教えたるわ!

初期投資50万円(動画をしっかり見たらわかるけど実質20万円を切る)という驚きの初期投資で、繁華街のド真ん中にお店が1軒もてる。営業は1日4時間。マイナス50万円からプラス10万円へ、収支をひっくりかえした中年男のユニークな「複業」人生。



このページの内容を動画でも解説しています


売上ゼロでも年収480万アップ?

お店オープンして、
売上ゼロでも年収が480万アップなら、
誰でもやりたくならない?
一発でウソだとわかるようなバカバカしい話だが、
ところがどっこいすべて現実、ほんとうの話です。
>はあ?どういうことぉ??
これ聞いてピンと意味がわかる人、
逆にビジネスのセンスがいい。
アップといっても、
従来の収支のマイナスをカットすることによって生まれた差額のプラスなんだな、と。
帰宅部やめて部活やろう!
っていうのがきょうの話。
お昼間、
リフォームや内装の仕事をしているリュウヘイ(有限会社岡本家具店二代目社長)は、
家業を継いで以来20年近く、営業活動と称して、
仕事が終わったら毎晩きれいなおねえさんのいるスナックやラウンジで飲み歩いていた。
その額、月平均50万円(=年間600万円)。
楽しいけれど、お金が出ていくばっかりの夜の時間帯、
もっと楽しい部活みたいな仕事したらどうやろかっていう思いつきが、
この奇跡的な複業につながったのだ。
この発想の転換は誰でもできるんだから、
うどん屋に興味なくても話だけは聞いといてほしい。
部活って決して楽じゃなかったね。
目指してる大会とかコンクールとかがあって、
勝ちたい試合があって、勝ちたい相手があって、
だから必死に練習もしてへとへとになったりもしたけれど、
優勝も決勝進出も無理でも、めっちゃ楽しかったんちゃうかな。
リュウヘイは剣道部、ショウゾウさん陸上部、彩さん水泳部、で、
たまたま3人とも体育会系だったわけだけれど、
部活やってるもんと帰宅部との差はどこにあったんだろうか。
帰宅部のほうがよっぽど自由で、
なーんも強制もされないし、上下関係もないし、汗もかかずに済んだけど、
そやけど部活してるほうが圧倒的によかったな。
さっさと帰れと言われても帰りたくなかったな。
リュウヘイの複業は、
ま、そんな感覚で、しかも約10万円のおこづかいが残る
その差額、月間60万円
せっかくご本人登場動画があるんだから、
これはぜひナマの声を聞いてみてくれ。
これ、まさにウチの旦那にピッタリなのよねー。ぜひやらせたいわ。 仕事が終わってから寝るまで、ムダのかたまりのような生活やもん。

人生後半の劇的チェンジを意図してほしい。 いままで何十年と同じパターンをくりかえしていたとしても一瞬で壊せる。 しょせん心がつくりだしている虚構なのだから、 気づきと勇気があれば変えてしまえる。いますぐ下のボタンを押して扉を開いてほしい。
こつこつ年収1000万円超×20年のすすめ

初期投資20万円切りのマジック

お金のない人が小資本で事業を始めるなら、
儲かるビジネスより損しないビジネスを考えたほうがいい。
だって、儲けるセンスがなかったから、
いま結果として貧乏してるわけで。
そんなあなたがいきなり儲けること考えたって、
儲かる確率はゼロとはいわんけど、かなり低いと言わざるをえないわけ。
だからそこは、はじめから欲ばるんじゃなしに、
損をしない持続成長可能なセコいモデルをまず考えろって。
生存することが最優先なんだから。
そうこうしないうちにある程度の元手と実績ができてきたら、
そこで欲ばったらええんじゃない?
商売の素人がリスクのあるビジネスに手を出してはいけません。
だから複業の鉄則
基本中の基本は、初期投資を限界まで低く抑えること。
お店をもちたいとき、
いきなりめいっぱい借金してでっかい店を出すんじゃなくて、
ちっちゃい店で実力を試してからにしとけって。
ビジネスで失敗する典型的な性格はイチビリなんだし。
その点、さすがリュウヘイは、
じいちゃんの代から65年も続く会社をつぶしてないだけのことあって、
セコーく小さーくぜんぜん損しないお店を思いついた。
思いつき一瞬、
その数秒後にはもう知りあいに電話をかけて物件の条件を提示。
維持費の面でもとことんリスクのないモデルを突きつめた。
なんもかんもぜーんぶ合わせて50万円の初期投資で、
東門街と北野町のあいだという、
神戸ではメイン中のメインといえる繁華街に店をもち、
なんもかんもぜーんぶ合わせて10万円の維持費で店舗持続できる営業形態を考えた。
それだけでもじゅうぶんスゴい生活力だけど、
それだけですまないのがリュウヘイちゃんの脳ミソのマニアックなとこ。
開業前に30万円以上の含み益を出し、
実質的な開業時リスクは20万円を切っていたというマジック!!
(このカラクリは動画でチェックよろしく!)
いまどき飲食店なんてリスクのかたまりかと思ってたけど、 この発想だと失敗する要素がどこにもないよね。 パソコン苦手でも関係ないし、ボクにもできそう!

ネットがわからなくてもできる複業

素うどんしかない『素うどん屋』が、
三ノ宮の繁華街、
東門街と北野坂のあいだあたりにオープンしたのは2019年4月。
デジタルな思考はゼロでもじゅうぶん儲かるアナログな複業だ。
そもそも、
儲かるか儲からないかは商売の本質的な価値で結果が分かれるのであって、
デジタルもアナログも関係ない。
『素うどん屋』にはインターネット関係ない。
リュウヘイちゃんは、
ネットわからん、ITわからん族の典型。
アタマがいいとかよくないとかではなく、
これは向き不向きの問題なので、
そのへん、どうしようもない。
ネットビジネスがもっとも効率的な複業だという確信が揺らぐことはないけれど、
根っからデジタル苦手なアナログ人間はいるもんだし、
誰にでも彼にでもネットビジネスをおすすめできるわけでもない。
ネットわからんならわからんなりに、
生産性の高い、要領のいい複業実践法というのはあるもんだ。
ITも何もなかった太古の昔から、
儲かる商売とそうでない商売はあった。
ま、そういう意味では、
『素うどん屋』の店主リュウヘイは、
いつの時代に生まれていたとしても食っていける生命力をもっている。
たくましい商売人だ。
酒が好きで異性が好きで、
お金をそっち方面で使ってしまう人、いっぱいいるよね。
(わたしは酒も女も大好きだが、
そこにお金をかけてるかっていうとそんなことないから別の人種だ。)
いま日本は、
安倍内閣が強力に押し進める「働き方改革」のおかげで、
長時間労働が悪者扱いされてる。
とっとと早い時間に会社を追い出されるし、
残業のある会社には若者が就職したがらない。
メインの仕事ひとつが終わったからといって、
飲み歩いていたら飲んでばかりの人生になってしまう。
労働時間が短くなったってことは、
遊んでも休んでもいい時間が増えたってことなんだが、
仕事が好きな人間にとってはヒマすぎる生活なんだ。
だから部活する。
パソコン好きじゃないんなら、
アタマは休めて身体を動かす商売でがんばればいい。
リュウヘイの感性はいつも冴えてるね。

人生後半の劇的チェンジを意図してほしい。 いままで何十年と同じパターンをくりかえしていたとしても一瞬で壊せる。 しょせん心がつくりだしている虚構なのだから、 気づきと勇気があれば変えてしまえる。いますぐ下のボタンを押して扉を開いてほしい。
こつこつ年収1000万円超×20年のすすめ