値決めは経営である

「値決めは経営」は稲盛和夫さんの名言で、好きな言葉です。 ガツンと身に染みましたので、ここで料金の説明を念入りにさせていただきます。 基本的に「モノ」を売らない当社の商品に「定価」はなく、料金はご契約のタイプに応じて顧問料、業務委託料、利用料の3つがあります。

ぱくたそ(www.pakutaso.com)


お見積の総合案内ページ。
値決めは経営である。



これ一発!中小企業の基幹業務を丸ごとクラウドで一元管理できる!
「クラウド播磨王」料金案内ページ

飲食店でクラウド型オーダーエントリー!+レジ丸ごと
「ぷう太郎」料金案内ページ


業種業態不問!一般小売店でクラウド型ポスレジがこれで完結!
「ぽす乃助」料金案内ページ

ホームページ制作料金のご案内

仕事はwin-win-winで三方良し。


3万+3万+3万10万円
みたいな足し算、
知らずに損してませんか?

定価のない無形サービスを提供しています

わたしたちのちょうだいするお代金(月額報酬)
いまの実績ベースで‥‥
最低8000円から最高32万円まで、
ずいぶんバラツキがあります。
(ё_ё)?
みなさんにこれからお出しするお見積も必ずこの範囲におさまりますが、
バラツキが大きすぎて役に立ちませんね。
はい、もうしわけございません。
でもどうしてもこうなってしまうんです。
受託開発をベースとした当社のサービスには定価はありません
たとえパッケージ化されたアプリケーションをお使いいただく場合でも
お客さまごとに関与の度合いがちがってくるので、
現実問題として報酬に幅ができてしまいます。
そこで、
料金帯ごとの顧客数割合をグラフに示したものが下の図です。
ご覧のとおり、
いちばん多いゾーンは1~3万円
良心的ですね。
まずはこのくらいから始めていただくのがノーマルな契約パターンといえますが、
業種や業態にかかわらず、
毎月3~6万円、6~10万円の報酬をちょうだいしているお客さまも少なくありません。
大半が従業員数5~30名の小規模事業者さんであるにもかかわらず、
意外と出していただいているのがわかります。
ありがとうございます。
では、
料金が高くなるのと安いのと、
なにがどうちがうんでしょうか。

ムダ金は使わせません

当社のサービス料金は、
おつきあいが長くなるにつれ、
最初の見積よりだんだん上がっていくことがしばしばあります。
料金がどんどん高くなるってことか?
いや、別に、
当社がつり上げているわけではありません。
はじめは1~3万円の価格帯で契約をスタートするんですけど、
ありがたいことに、
そのうちあれもこれもといろいろ頼まれることになります。
コスパがいいからこそ次々と新しい仕事を頼まれるんだと思うんですが、
いったい何を頼まれるんでしょうか?
当社のサービス内容ごとの売上構成比は
年によって多少の変動はあってもだいたいはこのグラフのとおりで、
売っているものがそんなにたくさんあるわけではありませんし、
買ってくださいとお願いしたことはいちどもないのですが、
やっぱりいろいろ頼まれます。
ほんとうにありがたいです。
はじめにポスレジを導入していただいたお店から、
>次はタイムカードと給与明細も頼みたい
とか、
ホームページをつくらせていただいた会社から、
>次は顧客管理も教えてほしい
とか、
受発注管理の相談を受けていたら、
>在庫管理までできるって知らなかった
とか。
エクセルの使い方からデジカメの選び方から 借方と貸方の勘定科目がわからないっていう話から パワポのアニメがうまく動かないからなんとかしてくれっていう話から DVDに録画したテレビ番組をパソコンに取り込みたいっていう話から 現場の若い職人が急に辞めたから誰か紹介してほしいっていう話から 新しいイタリアンレストランのプレオープンに招待するから友達いっぱい連れてきてっていう話 ‥‥等々、
>いや~さすがにそれはうちではなんともなりませんワ~申し訳ないです
ってことも多いんですけど、
わたしたちは世話焼き隊ですからなんでもOK。
まぁそんなふうにして、
おつきあいの幅がだんだんと広がりますね。
お役立ちの幅が広がっていってるって感じでして。
こんなふうにwin-win-winの関係を保ちながら、
契約が10年以上継続しているクライアントさんがフツウに増えてます。
ありがたいです。

3万円+3万円+3万円>10万円

当社のホームページに、
何回も登場するおなじみジグソーピースですけども、
これは、
ITに対するお金の使い方にもバッチリ当てはまります。

3万+3万+3万10万円
──これは、
3箇所にばらばらに消費される3万円は、
ひとまとまりに統合された10万円よりコストとして高くつくというたとえ。
まとまりのないツールを習得してまとまりよく使いこなすのに、
3万、5万、7万‥‥とロスが出てしまうわけですから。
もうおわかりのとおり、
わが社の提示する見積額が10万円だったとしますと、
そのお金は──

──はじめからインテグレイトされている、
つまり全体最適が前提として考慮されています。
社内のシステムで考えてみると、
3箇所どころか20箇所くらいに情報が分散していることがザラにあり、
3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万
      +3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万+3万100万円

みたいなことが起きてきます。
まさか、
単純計算すると60万円のものが、
100万円より高くついたりすることが‥‥?
ないだろうと思われてるかもしれませんが、
ばかばかしいほどバラバラなのが実はむしろ一般的です。
「エクセル」にコピペして転記したり、
CSVで書き出してインポートしてエクスポートして、
毎朝のように部下にレポート提出させることのくりかえし。
情報の分散は「知」の分散であり、
すなわち気の分散であり力の分散。
だから、
分散を統合に変えただけで他社に勝てますよ。

無料でスタートできます

値決めは経営である
っていうのは稲盛和夫さんの名言で好きな言葉です。
みなさんも、
ご自身の商品の値決めを思い浮かべながら聞いていただきたいのですが、
価格競争にはゼッタイに巻きこまれたくないので、
むやみに安売りはしたくない気持ちはいっしょですね。
でもギリギリのところまでは下げていこうとしてますから、
けっきょく当社のコスパはすごくいいです。
初期のヒアリングを、
かなりていねいに的確に進めますので、
はじめにおすすめするサービスが会社ごとにみんなちがいます。
わたしたちがもし料理人なら、
初めて来られたお客さんに「おまかせで」って言われても、
いきなりぴったりお客さんの口にあうものを出して、
びっくりするくらい喜んでもらいたいので、
世間話の中から少しでもヒントになる情報をあれこれ拾い集めようとするはずなんです。
お口にあわないものを売りつけることになってはいけませんので、
無料お試しのコースももちろんございます。
だいたい3か月くらい、
他社とくらべていただいてかまいません。
カタログでスペックだけ見て判断できるような性質のものではありませんし、
会社の命運を確実に左右する大きな選択ですから、
あるていど時間がかかるのは当然です。
そのかわり、
ひやかし気分ではお互いの時間がもったいないですから、
たとえ無料お試しであっても真剣勝負でよろしくお願いします。
●無料で3か月お試しできるプランもあります
経営は、やってます!‥‥けど実は、あまり経営のことわかってません!──みたいな社長に。 エムトーンのサービスを、ちょっとずつ、ぜんぶつまみ食いできる、やさしい詰めあわせもご用意いたしております。

お問い合わせは‥‥

※はじめてお電話いただく際は「ホームページで見た」ことをお伝えください。不審電話とまちがわれて取り次がれない恐れがありますので(;^ω^A
たとえば、
お客さまがパソコン得意か苦手かによって、
同じソフトでも研修内容も導入スケジュールも変わります。
自社の資金繰りが読めなくて、
黒字倒産寸前なのに気づいてなかった社長に、
>あっ、あなたは入院してください。
>このままだとすぐ資金ショートしますからね。
>即入院ですよ。
>手術しましょう、手術!

って、
まるで盲腸でも切るみたいに、
税理士先生のところに引っぱっていったことも過去にはあります。
1998年の会社設立から一貫して
はじめに「成果の見える化」ありきの方針は変わらず、
お客さまに「死に金」「ムダ金」は使わせない、
役に立つか立たないかわからないものにコストをかけるリスクを背負わせない、
そんな意気ごみで仕事をしてきました。
経営課題が見えてくるまで根気よく、
お客さまの現状について傾けて、
じっくりお話を聴けるようになりました。
そして、
ひとつひとつ 成功事例を積んできました
ありがたいです。
けっきょく、
長期的に資産が残る運用なら、 そっちのほうがいいと思いません?

8000円から32万円のあいだで

わたしたちは基本
カタチの決まっていないサービス

ご提供させていただいております。
クライアントさんごと、ユーザさんごとに、
求められるサービス内容が異なるのがあたりまえだと思っていますので、
経営の状況をよくヒアリングさせていただいて、
原価と成果とにらめっこしながら、
そのつど納得性の高い値決めを心がけています。
主要なお得意さまは経営指針発表会にもお招きしてますので、
うちが儲けすぎてないことはご理解いただけるんですが、
気持ちよくたくさん出していただくにはもう、
みなさんに大きく早く儲けていただくしかないですね。
役に立ってる実感は儲かってる現実からしか湧いてこない
みたいなので。
はいはい、
ちゃんと儲けていただきます。
(ё_ё)
その点、
パッケージソフトというのは、
カタチの決まったサービス
です。
サービスの中味や範囲が決まっているほど
提供側に求められるスキルが低くなります。
簡単なサービスならそれでいいのかもしれません。
当社は、
ポスレジ関連のクラウドについては、
かなりパッケージに近い形態でサービス提供を行っております。
販売、仕入、受発注、給与計算など、
いわゆる基幹業務を統合的に扱えるERPについても、
受託開発によるカスタマイズの範囲が広いとはいえ、
いちおう標準パッケージとして一巡の機能を網羅しています。
たいていそっちのほうが初期の価格は低く見えますので、
カタチの決まったサービスがお望みであればそちらをおすすめします。
パッケージを並べていると、
やはり「モノ売り」の業者として扱われるしまいますが、
それはちがいますので念のため。
みなさんは要するに儲けたいのであって、
「モノ」を買いたいのではありませんよねっていうところの感覚を、
早く実感していただきたいですね。
わたしたちはみなさんの会社の体質に関わって、
新しい「しくみ」を定着させて、
企業文化や社風が変わっていくところまで踏みこんでいきます。
恒常的にずっと利益が出るようにしたいですから。
わたしたちは世話焼き隊なので、
すなおに世話を焼かれていただくのが、
おたがいにwin-winでいちばんハッピーなのです。
当社がみなさんにお支払いいただくのは、
システム(=しくみ)を活用して会社がよくなることに対しての報酬ですが、
報酬のタイプは下記の3つがあります。
  • 顧問料
    コンサルティング中心だった場合のタイプで、はじめはスポットからですが、気に入っていただければ顧問契約を結びます。
  • 業務委託料
    売れるしくみづくりが中心のタイプで、ウェブサイトの運用管理なども含まれます。 間接業務代行(経理代行など)もこれに当たり、業務委託契約を結ぶことによって料金が決まります。
  • 利用料
    ポスレジやERPなど、クラウドサービスをパッケージ的にご利用になりたいというご依頼であればこれです。「サービス利用規約」に同意していただきます。

すでに申しましたように、
おつきあいがだんだん長くなるにつれて、
やっぱりあれもこれもとなって
どの仕事がどの契約にもとづくのか
だんだん区別がなくなってきたりします。
会計処理上、
これらはすべて「経費」として認識され、
月次でそのつど損金算入されます。
でもほんとうは、
これを「投資」と解釈していただき、
社内に相応の資産が蓄積されつつあるというとらえ方で接していただくのが正解です。
育つしくみを売ってますので。