はじめてのエムトーン - この会社とつきあうメリットは?

生きてます。けど実は、あまり人生のことわかってません──みたいな人が案外お客さんになっていただけます。 経営の学び20年で、やっと見えてきたわが社の顧客ゾーン。 あなたに当てはまるでしょうか。器用になんでもできる方には、ウチのサービスはいらんのですよね。

経営は、やってます。
けど実は、あまり経営のこと
わかってません!

──みたいな社長に。

  • もしかして不器用
  • 学校の成績はイマイチでした
  • ポジティブな弱小零細企業

弱点の経営資源はどこか?

社長の仕事って、
いっぱいありますが、
追われてます?
なんでも自分で器用にこなせる人はここには来ない、
したがってわたしのこの文章を読むこともない、
と考えると、
みなさんおそらく人材確保やら在庫処理やら資金繰りやらに追われ、
日々、
優游自適と呼ぶにはちょっと‥‥な生き方をされていると考えてよいですね?
経営課題を整理するために、
経営リソースに着目してみるとどうです?
リソース=資源
ですが、
経営の4大リソースといえば、
ヒトモノカネ情報
ですね。

みなさんの会社の弱いとこ、強いとこは、
この4つのリソースの棚卸しをしてみたらわかりますので、
どこから着手するか、
はじめのヒアリングで決まります。
あれもこれも、
いっぺんにできない!

──それが発展途上会社の宿命。
だ、か、ら、3つ

経営の入試は3科目 ── 国語、算数、理科?

みなさんの会社(当社自身も含む)のように、
ポジティブな弱小零細企業のことをひとまとめに、
発展途上会社

呼ぶことにしてますが、
わたしたち、
経営資源が足りない(=ヒトもカネも情報も足りない)ために、
あれもこれもいっぺんにできない
です。
そしてさらに、
モノが売れ出したらヒトでつまづき、
ヒトが丸くおさまったらカネがなくなり、
ようやくカネがまわりだしたころには情報伝達がぐちゃぐちゃで、
けっきょくナンボ儲かってるのかようわからん‥‥
っていうように、
あちらを立てればこちらが立たずな状態が慢性化して、
社長ヒマなしです。
当社のカリキュラムは──
  • 会社を万年黒字体質に
  • 社長の個人生活を優游自適
  • 儲からない仕事を半分に
──します。
ヒトモノカネ情報
の、
どれかひとつを大きく取りこぼすことのないように、
3つの専門分野を順ぐりにローテーションするところが最大の特長。
人財マーケティング情報処理技術

3つが、
経営者にとって必須の受験科目だと考えているんです。
どれかひとつの得点が平均を下まわったら不合格ですから、
社長があれこれ気を散らさなくてすむように、
ワンストップでお世話させていただきます。
目的達成を約束するエムトーン式カリキュラムの特長は、
うずのイメージ。

こんな感じで、
3科目が順ぐりにまわってくる。
どの課題にどのくらいの期間をかけるかとか、
どこからはじめるかとかは、
会社の体質によってまちまちですが、
このうずうず型3科目ローテーション
こそが、
発展途上会社の体質改善にもっとも適しているというのが、
わたしの、
20年間のくりかえし検証で生まれた絶対の確信
です。
当社の会社案内ページ等をあとでご覧いただければ、
メディアに取り上げられたり表彰されたりして露出した事例だけでも、
だいたいの実績はおわかりいただけるでしょうが、
他にも
>えっ、
あんな有名企業がお客さん!?

と、
驚かれる事例がいくつもあります。
(現在継続中のクライアントだけでもまあまあありますが、
過去に手がけた案件も入れると驚くほどありますので、
別途おたずねください。)

これまでの成功事例企業で、
喜んでいただけているポイントを挙げてみますと──
  • 365日24時間無休の電話サポート
  • 対応が愛想よくて好感度高い
  • 成果を確認してからの契約でOK
  • メール1通でいつでも解約可能
  • 超イケてる税理士と提携で決算まで対応
  • 提携の社会保険労務士も超イケイケ
  • あらゆる士業ネットワークが万全
  • 統合基幹業務ソフトが自在に使える
  • 業務ソフトはクラウドだから地域を選ばない
  • 小売店舗レジから決算まで一気通貫
  • 伝票丸投げもOKで事務員いらず
  • 実店舗とネットショップが統合できる
  • 社長と社員がいっしょに学べる研修メニュー
──などなど。
いっぺんにいっぱい並べすぎたかもしれませんが、
あいにくぜんぶほんとうなので!
カンタンな方法を20種類くらい覚えるのと、
ちょっと難しいのをひとつだけで済むのと、
あなたはどちらを選ぶ派
ですか?

「一元化の鬼」と呼んでくれ

経営必須の3科目を、
どうやって効率的に制覇していくか‥‥?
そのメソッド(方法論)をひとことでいうと、
分散をやめ、集約をはじめること
組織の体制にも社長のアタマにもどっちもにいえる。
それぞれの選択はベストでまちがってないけれど、
組み合わせがおかしいためにトータルで見るとちぐはぐな状態を、
木を見て森を見ず

いいますね。
たとえば──
シャツジャケットパンツネクタイシューズも、
ひとつひとつはブランドもんの上等なやつを買ってるのに、
コンセプトも色づかいも季節感もバラバラだと、
けっきょくぜんぜんコーディネートしてないから
>ダサッ!
って笑われてしまうオッサン‥‥
みたいな。
経営が分散しているとは、
たとえば──
資金繰りの相談はあっちの先生で、賃金計算で社員とトラブったらこっちの先生、
顧客管理はこっちのアプリで、タイムカードはあっちのアプリ、
発注書の一覧は手元のiPadで見れるけど、在庫一覧はAさんのエクセルでしか計算できず、
部門別損益はBさんに頼んでプリントアウト、現金出納帳は専務の引き出しの中、
ホームページは知りあいに頼んで作ってもらったけど、
ネットショップは格安のカートをネットで見つけ、店舗のレジは大手の会社にお任せで、
ま、けっきょく新規の受注はどうやって増やすかわからない‥‥

みたいな。
ここ読んだだけでクラクラした方もいらっしゃるでしょうけど、
わたしはそんな現場をもう何十社と見てきて、
あまりの非効率に気を失いそうなくらいクラクラしたもんです。
部分最適の積み上げは全体最適にならない
と、
肝に銘じてほしいんです。
このたったひとつのことを20年間しぶとく言い続けて、
  • 会社を万年黒字体質に
  • 社長の個人生活を優游自適
  • 儲からない仕事を半分に
してきました。
ちっこい会社は、
ただでさえリソースが足りてないんですから、
こまわりのきくスピード感や密着感を強みにしないと勝てなんですから、
あれもこれも気が散りすぎていることがいちばんいけない。
読売ジャイアンツみたいなお金持ち球団が、
日本一の予算をかけて各ポジションにベストなメンバーを起用しても日本一になれないのに、
お金のないわれわれ弱小零細がジャイアンツのマネをしたら、
めでたく最下位確定ですよね。
ターゲットは絞って深める
リソースを集約して一元化することで、
とんがってとんがってトンガる
エムトーンのことを
一元化の鬼
と、
そう呼んでいただいてけっこうです。
とことんトンガる一点突破できる。
家がちっこくて部屋が狭くても、
奥さんが収納じょうずなら気持ちよく生活できるやないですか。
それと同じことを経営でもやるだけ。
要するに一元化の鬼ってのは、
つまり、
収納じょうずと同じようなもん。
他のカンタンな方法を20種類くらい覚えさせられるよりも、
ちょっと面倒なひとつのことだけを覚えてそれで済ましたい。

たとえば、
当社の開発した魔王の雲
すなわちエムウェブ9
は、
ちょっと面倒な部類のツールです。
けしてカンタンですとは申しませんが、
このたったひとつの最強無比な道具で、
トンガってツキヌケて一点突破が実現できます。
あっちこっちの業者に何本も電話したりメール送ったりしなくても、
エムトーンに電話したら発展途上会社の経営課題は最短で解決します。
方法論はいたってシンプルですね C=(^◇^ ;
「零細」という表現には、差別的なニュアンスがあるとして、官公庁や公共放送では用いられなくなりましたが、 当社自身、エクセレントな零細企業であると自認しており、 零細には零細のプライドがあって然るべきと考えていますので、少なくとも当社が零細でなくなる日まで、ちょいちょい使い続けます。

自社のたどる運命を読め

当社の商品・サービスは基本、
業種には関係ありませんが、
業績が上向きか下降気味かによってカリキュラムが変わります。
現在の業績をに分けて考えてみましょう。

ここのゾーンのニーズは成長スピードを上げることです。 すでに自社の「強み」が見えていて、商品・サービスに競争力がありますので、周辺隣接市場を押さえるとか。
 ワークフローを点検して、属人的なしくみをITに乗せ換えて各部門のリードタイム短縮して、さらにシステム一元化で従来より劇的に効率アップ。
 余裕がないとできない人財教育や評価制度づくりにも早めに着手し、「弱み」もつぶしておきます。
もっともノーマルなタイミングでのスタートで、あてはまるカリキュラムもノーマルタイプでOK。
 教科書どおり、「強み」を見直し、絞り込んだ商品・サービスを絞り込んだ市場に集中して新規開拓を図りましょう。
 はじめのヒアリングで経営課題を洗い出して、体質にピッタリ合った経営強化スケジュールを作成します。 がちゃがちゃ無理せずとも1~2年で早期回復軌道に乗れます。
おまかせ度を上げて、なるべく素直にわたしたちの助言にしたがっていただくのがおすすめ。
 身体の病気の治療と同じで、会社にも外科手術が必要なことも。 (だからこの局面にあるお客さまとの契約を「入院」と呼んだりします。)
 なにはなくともキャッシュですから、資金繰り健全化を最優先に、税理士センセイも交えて対策を練りながら、 トンガったマーケティングで新規受注をかき集める。
 もしいま債務超過なら、緊急措置が必要と考えたほうがいいので、お早めに当社「集中治療室」にお入りください。

いきづまり打開のプロフェッショナル


●いちど壊してみませんか?──トンガって一点突破するために

関わりあったからには必ず豊かになっていただく。そこにわたしたちエムトーンの執念があります。
 ご契約をいただいたクライアントさんには、いつまでも末永くおつきあいいただきたいですが、 それでもいつかお取引に満了のときがくるとするならば、 はじめに出会ったときよりも豊かになっていただけたかどうか。
 「部分的な関わり」っていうのでは、お役立ちが制限されてしまうので、わたしたちもずっと勉強。 はじめはひとつだったのが、いまでは3つの分野で貢献できるようになりました。 これを順序よくローテーションして学びを積んでいけば、会社は必ず強くなっていきます。 やれることはかぎられてるかもしれませんが、経営の原理原則に大差はありません。いろいろ持ちこんでくださいね。

いま、あなたが何を始め、何を断つべきか、を、お伝えしましょう。

株式会社エムトーン代表取締役
しくみづくり職人

永田ショウゾウ


1962年、はりまのくに生まれの播州男子。1985年、横浜国立大学経営学部卒業後、大手化粧品メーカーの資生堂に就職するも1年ちょっとで退職。 その後、TACで情報処理技術者試験講座の専任講師、地元の中小企業ではシステム開発担当、等の職を経て1998年、独立。以来、発展途上会社の経営支援一筋。成功事例は枚挙に暇がない。
 播磨の王の供の者としてITを極めた後、はやらせ太郎の名でマーケティングを、宗之内喜久造の名で人財育成を学ぶ。
 趣味は走ること。三度の飯より好きなものは播州北条節句祭とローリングストーンズ。祭のためにはたらき、祭に生きる。 座右の銘は「右を向こうとする心を左に向けうる力が人間にはあるんだ」(中村天風師)である。
 当社ウェブサイトでは、ほぼすべて(96%以上)の文章は代表の永田ショウゾウ自身が書いており、 全面的に社長ブログのようなことになってます。文章だけではなく、デザインも本人がやっています。
 直営するサイトはぜんぶで4つ──エムトーン、人間活動、はやるよ本舗、天才不在──ありますが、すべて同様。 ですので、一人称で「わたし」と書いてあるのはショウゾウを指しますし、 そのつど明示していなくても、文責はすべてショウゾウひとりにあるとお考えください。
 経営者としては三流で、二流デザイナーで、一流のコンサルタントで、天才プログラマで‥‥というのは笑えないジョークとしても、 かなりの酔狂人であることはおわかりいただけると思います。(いろいろやりすぎていることは反省しています。)
会社案内はこちらから

商品・サービスのご案内はこちらから